MENU

 彼に言われたSkypeで通話をしながらオナニーするという方法、これにはとても興味を惹かれてしまいました。
彼に誘われるままSkypeのID交換をして通話していくことに、怖くなったら切ってしまえばいいって言ってくれて、それで声を聞きながらお話をしていく事になりました。
テレホンセックスなんて初体験だったから、凄い刺激を覚えている自分がいました。
男性の声を聞くだけでも、なんだか愛液が浸み出してくるような感じだったのです。
彼にエッチの言葉を言われると、凄く身体が熱くなってきました。
「パンツの上からオマンコ触ってみたら?」
彼に催促されて、素直に筋に沿って指を這わせていったのです。
何だか男性の目の前でオナニーをしているような気分になっちゃって、とっても凄い興奮を覚えていきました。
エッチ声だって自然に出てくるし、お股もどんどんと濡れてしまいました。
「濡れたオマンコの音も聞かせてみな」
「はい…」
これ本当に恥ずかしいんだけど、余計に気分が盛り上がっていってしまいました。
とても激しい指オナですっかり気持ち良くなり、ローターを持ち出してクリトリスにあてていたのです。
彼もわたしのエッチな声を聞きながら、オナニーをしているのが息遣いで分りました。
わたしも彼もそのまま絶頂を迎えていたのです。

 

快楽の余韻に浸りながら彼と会話を続けていきました。
「そんなに欲求不満だったが、出会い系サイトでも利用してみれば?」
「出会い系って怖くないんですか?」
「優良サイトを使うことで、騙される心配もないよ。
サポート体制もしっかりしているから、女性でも安心なんじゃないかな」
この話が凄くあたしも関心を引いていったのです。
出会い系サイトだったらセックスを楽しませてくれる男性との出会いを見つけられるかもしれない、そう思ってしまいました。
淫乱な人妻のわたしをしっかりと快楽に導いてくれるような、そんな素晴らしい出会いを見つけられるかも…と。

 

セフレ漁りの定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
淫乱な私がセフレ漁りをしているサイト